雑むらさき!

ゴルフ、本、ゲームなどの趣味をメインで書く雑記ブログ

【料理】オムライスの作り方。むらさきの男飯【レシピ】

f:id:shionmurasaki:20180906131128j:plain:w500


男児たるものオムライスくらいは作れんとな


どうも、むらさきです。よろしくどうぞ。



メンズも料理する時代です


僕の場合、料理を教えてくれたのは父でした。

母も料理ができはしましたが家事自体が嫌いで、フラフラ遊びに行くのが基本という人。

台所に立つ姿を見るのは稀だったもので。


そんな僕が「こんな美味えオムライス、わしも作りてえな」と思わされたのが


近所のラーメン屋のオムライスでした。


親父関係ねえじゃねえか!!!ってな!!そうだな!!


近所にチャーハンとオムライスと焼肉定食が異常に美味いラーメン屋があったのは僕の人生において非常にありがたかった。

昔ながらのおじさんとおばさんが経営する何でもアリの中華料理屋風のお店です。

3歳の頃からお世話になってますが、今も健在でたまにチャーハン食べにいきます。


何を隠そう僕がオムライスを頼みまくるもんだから100円値下げに至るという経緯すらあるくらい通ってました。


まあちなみにこれから紹介するレシピは全然その店と味違うけどね!


じゃあここまでの件なんだったんだよ!!!!!


デニーズとかガストっぽい見た目で作るよ


高校生の頃はずっとデニーズのキッチンでアルバイトしてたのでオムライスの卵は死ぬほど作ってました。

基本的にオムライスの卵って言うと


  • 薄焼き卵で包まれているタイプ
  • オムレツを縦に割るタイプ
  • とろとろ目に焼いた卵を上にかけるタイプ


こんなもんだと思います。

今回は3番目です。

一番失敗しないと思うのでオススメですよ!!



材料

今回はなんとなく二人分。

  • たまねぎ
  • ウインナー
  • ご飯
f:id:shionmurasaki:20180906124052j:plain:w150f:id:shionmurasaki:20180906124128j:plainf:id:shionmurasaki:20180906124349j:plain

これだけ。シンプルイズベスト。

具はベーコンかチャーシュー、鶏肉、海鮮類でももちろんいいしピーマンやきのこ類を刻んで加えるのもいいと思います。

ていうか冷蔵庫にこれしかなかった。

それぞれの量はぶっちゃけ好みの問題で写真のご飯は余裕で3、4人前あるから半分くらいでいいと思います。

炊飯器に入ってたのを全部ぶち込むのはよくない(戒め


調味料

  • 胡椒
  • ケチャップ
  • 酒(できれば白ワインかブランデー
  • おろしニンニク(普通にニンニク刻んだのでもOK

f:id:shionmurasaki:20180906124204j:plain:w500


酒は白ワインかブランデーが個人的に一番味がいいです。

もこみちみたいによくわかんねえ野菜と調味料は持ってないから使いません。


ケチャップライスを作る


ちゃちゃっと作ろう!

まずは玉ねぎをみじん切りに。

僕は粗目に切るのが食感しっかり残るので好みです。

f:id:shionmurasaki:20180906124110j:plain:w500


ウインナーも適当に輪切り。

火が通らないとかそういう心配いらないので好みの大きさにどうぞ。

f:id:shionmurasaki:20180906124147j:plain:w500


油を適量フライパンに馴染ませます。

僕はオムライスの時はオリーブオイル使ってる。

f:id:shionmurasaki:20180906124222j:plain:w500


玉ねぎとウインナーを放り込んで、ここでおろしニンニクも入れちゃう。

あまり入れるタイミングが遅いと香りが強く残りすぎてニンニクライスになっちゃうから最初にね。

中火で軽く炒めていきましょー!

f:id:shionmurasaki:20180906124311j:plain:w500


塩と胡椒しま~~~す。

量はご飯と具の量に合わせて適当に。ケチャップ入れるんで薄めでもいいと思う。

f:id:shionmurasaki:20180906124327j:plain:w500


ある程度炒めて玉ねぎに火が通ったら、一旦火を最大火力に。

酒を投入します。量はそれっぽい感じで。

f:id:shionmurasaki:20180906125327p:plain:w500


そしてフライパンを傾けて最大火力になった火に当てます。

フランベってやつですね。

慣れてないとクソビビると思うんで怖い人はそのままアルコールが飛ぶまで中火で軽く炒めても可。

f:id:shionmurasaki:20180906125338p:plain:w500


火が消えたら中火に戻してケチャップを投入。

酒と馴染むように炒め合わせます。

ご飯が先ってイメージの人も多いですがケチャップの酸味をある程度まろやかにしてより美味しくなるのでこっちのがいいです。

写真だとケチャップが残りカス程度しかなくて個人的に少ない。倍入れてもいいかな!

f:id:shionmurasaki:20180906124406j:plainf:id:shionmurasaki:20180906124428j:plain


ご飯をぶち込んで炒める。

焦がさないように白い米が消える程度にマゼマゼ。

ここでちょっと味見して塩胡椒を足すか足さないか判断しましょう。

ご飯が多すぎてめちゃ色薄いけど本来もっと濃くてもいいと思います。

薄味派の人はこんくらいが美味しいはず!

f:id:shionmurasaki:20180906124447j:plain:w500


できたケチャップライスをお皿の中心に山のように盛っておきましょう。

これだけでもキッズは大喜びのケチャップライスが出来上がってます。目玉焼きのせたりしたらうめ~ぞ~~~~!!!

f:id:shionmurasaki:20180906124503j:plain:w500



卵を焼く


ちなみにデニーズのオムライスは卵を3個に牛乳を1オンス入れたものを使用しています。

しかし一般家庭ではそんな贅沢できない人も多いでしょう。

なので2個でも余裕で作れるということを証明するために今回は2個でつなぎの牛乳とかも入れません。

f:id:shionmurasaki:20180906124544j:plain:w500


フライパンに油を少し多めに。強火で火にかけます。

ここで一つ注意事項。

バターがあれば絶対にバターを使うこと!

味が全然違いますので。

f:id:shionmurasaki:20180906124559j:plain:w500


卵を投入するタイミングは

  • バターであれば全て溶けて泡立ったら。バターが焦げる前までに投入しよう
  • 普通の油であれば、コンロのセンサーで強火が弱火に切り替わった時

です。

投入したあとは慣れないうちは中火にしてもいいかもしれないです。

ここからが大事なポイントです!!


ヘラなどで外から中心に向かって焼けた部分を寄せていきます。

真ん中にシワを集める感じですね。

真ん中へ寄せる→空いた部分に卵を流す→ほかの部分から真ん中へ寄せる

ということを繰り返していきましょう。

コゲそう!寄せる前に固まっちゃう!って人は焦らずにフライパンを火から離すか、火を弱めましょう。

f:id:shionmurasaki:20180906124954p:plainf:id:shionmurasaki:20180906125005p:plainf:id:shionmurasaki:20180906125015p:plain


真ん中へ寄せるのを繰り返すとこうなります。

とろとろな感じで止めて、あとは軽くフライパンをゆすりながらケチャップライスの上にON!

f:id:shionmurasaki:20180906125036p:plain:w500


ケチャップでもデミグラスソースでもお好みのソースをかけて完成や!!!

f:id:shionmurasaki:20180906131128j:plain:w500



まとめ


めちゃおいしい。

ぶっちゃけ味の決め手は


  • 具材をフランベする(香りづけ
  • ご飯より先にケチャップを先に火にかける(酸味をとばす
  • 卵を焼く際にバターを使う(バターはおいしい


この3つです。

ですので、冒頭で述べたように具材は好きなものいれておっけ!!


よかったらみなさんも試してみてください(もこみち風


むらさきでした。では、また。